プロフィール

lunabella

Author:lunabella
ルナです、現在某外国に住んでいます.
甘くかわいい詩、思った事を綴ってます。
どうぞよろしく。

ブログランキングに参加しています。気に入っていただけたらポチっとお願いします。






最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


FC2カウンター


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男友達

「平和的に別れたよ、お互いの為によかったんだよ」

あなたは淡々と言った

昔みたいに もっとかわいい子紹介するからなんて

言えないほどの 長い付き合いの彼女だった

無理しないで

笑ったりしないで

心の中で私は言った

知ってるんだ

そんな言葉あなたは求めていないの

知ってるんだ

今でもあなたが彼女の事を想っているの

何が違ってしまったんだろう

どこで道が別れてしまったんだろう

気づいてた? あなたの瞳には今だって

彼女の面影が映ってる

これが女だったら ひと泣きすれば

ちょっとはすっきりするのに

それができない男って かわいそう

それができない男って 愛しい

今日だけは 特別優しくしてあげるから

今日だけは 特別に肩を貸してあげるから

思いっきり 心で泣きなよ

黙ってつき合ってあげるから

見ない振りしてあげるから

今日だけはずっと側にいてあげる







スポンサーサイト
日差しを指で遮りながら空を見た

真夏の太陽の強さ

若葉の青臭いにおい


理想的な夏の日には

バジリコのパスタ

ただ混ぜるだけのシンプルさ

けどね これを食べると夏が来たと思う

続きを読む »

今日のここの気温、38度です。

今はまだオフィスなので、クーラーがありますが、家に帰れば扇風機のみ。つらい…。

昨日も36度あって、夜は勿論熱帯夜…こんなんで寝られるわけもなく(旦那は爆睡でしたけど)、寝不足で、頭はぐるぐるです。

なんだか半分茹だった感じで、頭はもうろうとしながら、仕事してます。

今はバカンスシーズンなので、仕事が少ないのは本当にラッキーでしたね。このシーズン、バカンスの為、レストラン,バー、お店,会社、休みのところって多いんです。会社ごと,レストランごと休むのは8月がピークですが,7月,8月はたいていの人が2,3週間夏休みを取るので、連絡しても担当者がいない→担当者のほかの人にまわしてもらう→担当じゃないから分からない→結局仕事が何にも進まない!という風になります。

心のキャンバスのREIREIさんから,頂いて来た「ひまわりばたけ」,書きたいけど,こんなんで書けるのか?微妙!!

クーラー買ったらと思うでしょ!私たちもそう思い買いに走ったところ、「クーラーは買えますけど、今混んでるから取り付け工事は10月ね」との事、そんなんじゃ意味なー-----い!!という事で,結局却下になってしまいました。

7月に頼んで,10月工事ってどんな国なんだーーー!!




恋の駆け引き

追いかける恋が好きだった

恋の駆け引きしたくて

かけたい電話も我慢して

会いたいのも我慢した


これって何の為?

これって必要?



ある時 シャボン玉みたいにパッと弾けた

もう恋の駆け引きなんてしない

もう我慢なんてしない

時間が止まった街

あの映画の大聖堂に登った

排気ガスでちょっと煤けた大聖堂は本当に大きくて
高所恐怖症の私を少しためらわせた

暗くて狭い螺旋階段をぐるぐる ぐるぐる

息が上がって ハーハー言いながら
着いてみれば そこは一面 黄昏色だった

前に見た写真の一部を 切り取ったかのような色

黄昏色の街

黄昏色の家々

黄昏色の人々

時間が止まったかのような街

本当に時間が止まっているのかもしれない


多分10年前も同じような景色をしていたのだろう

多分20年前も同じような景色をしていたのだろう


10年後もこのままでいて欲しいと心から願う




味見常習犯2

いつも
毒が入ってるかもしれないから
不味いかもしれないからとか言って
私の作ってる側から味見するんだから

毒なんて入ってるわけないでしょう?入れるわけないじゃない

もう何度も作ってるんだから 不味いわけないでしょう?
いつも美味しーって言うくせに

もう 知ってるくせに

いつも
食べたことないから
初めて見る食べ物だからとか言って
私の作ってる側から味見するんだから

食べたことないわけないでしょう?もう数え切れないぐらい作ってる

初めて見る食べ物なわけないでしょう? あなたは日本食私と同じぐらい知ってるじゃない

分かってるくせに

私もわかってるくせに 怒った振り
なんだか二人でままごとしてるみたい

ずっとこんなふうでいたいね

味見常習者1

怒らないでよ ちょっと味見しただけでしょう?

だって あなたが選ぶものってどれも美味しそうなんだもん


怒らないでよ ちょっと味見しただけでしょう?

だって あなたの美味しそうに食べる姿を見ると 

ついかまいたくなちゃうんだもん


ただ味見したいだけじゃないの 

ちょっとからかってみたくなるのよ

あなたの幸せそうな顔を見るのが大好きなんだもん


分かってるのよ あなただって怒った振りしてるだけだって

文句言った後の顔が笑ってるもん


ずっとこんなふうでいたいね

金魚

彼が泣いていた

両親でも 親友でもなく 犬でもなく

飼っていた金魚が死んでいた

赤いひらひらしたとてもかわいい金魚だった


彼が泣いていた

名もない金魚でも

彼にとっては初めての金魚だった

いつも彼が話し掛けていた金魚だった


彼が泣いていた

二人でお墓を作って埋めてあげた

あんなにきれいだったのに 

土に横たわった姿は別のものみたいだった


こんなに思われた金魚は幸せだねと言ったら

そうだねというように

彼が無理やり笑顔をつくった

Minority

道を歩いている時 孤独を感じた

母国語ではない言語を話している時 寂しさを感じた

夜に一人で起きている時 冷たさを感じた

マイノリティーであることへの偏見 

マイノリティーであることへの差別

そんな私を救ったのは あなたの言葉

マイノリティーであるからこその尊さ

マイノリティーであるからこその得難さ

その大切さを教えてくれた

あなたの言葉なしには 私はここにいなかった

心からありがとう

今自分のルーツを自慢に思える私がいる


続きを読む »

媚薬

離れていってしまった 彼の心

なぜ? なぜ? 何百回も自問した

媚薬があればいいのに

たとえ1日でも たとえ1時間でも

一緒にいられたら

変えられるも知れない 彼の気持ち

いいかげん 諦められればいいのに・・・

続きを読む »

ある事は最後の方にあるので、それだけが気になる人は下の方へどうぞ。

何でTesoro(宝物)という詩を作ったかというと
勿論周りの人たちがラブラブモードで呼び合ってるのを見て
良いな!!と単純に思ったからもあるし、それともう一つ
この国の人って私たちにとってすごいなと思うような言葉も
かなりさらりといえてしまう国民性なのに、なぜうちは…。の
疑問の基に作った。

旦那いわく、きっと自分の前世は日本人だよ!!だって、あんな
事(たとえばテゾーロ(宝物)、ミオアモーレ(私の愛してる人)
ECT)なんていえないもん,歯が浮くって!!

歯が浮くって言ったって、あなたのお父さんだって私のことを
アモーレとか、ベッラ(かわいこちゃん)って呼ぶんだから,
これって普通なんじゃ。。。。

ということで、私はぜんぜんこんなこと言ってもらったことが
ありません。たまにお仕置きとして、強制で言わせたりしてます(笑)。

分かってても言ってもらいたいって女性って多いと思います。

これを読んでる方、読み終わったら彼女に

速攻電話して一言甘い言葉を言ってください!!

これは強制、強制ですよ!!


君は僕の太陽だ!!とか、

お月様でも君に敵わない!!とか、

会えない君にキス1000回あげる!!とか


これを言え!!(←半強制?)
とはいいません。

一言何か言ってあげてください,普段言わない人が言ってくれると、
とってもうれしいものなので…

きっと言って欲しいなと思っても彼に言わない人って多いと思うので,
私はそんな彼女の見方です。

そういえば,某外国もうバレバレですが,知らん顔してください。
なんだか恥ずかしいので。。。だったら書かなきゃ良いんですが、
やっぱり住んでるとそれに関したこと多くなっちゃうんです。

Tesoro(宝物)

知ってる? 彼女の旦那様 いつも Mio Tesoro(私の宝物)って呼ぶんだって

素敵よね まるで自分が大切な宝物になったみたい

知ってる? 彼女の彼 いつも Patatina(ポテトちゃん)って呼ぶんだって

素敵よね まるで自分がとっても繊細でかわいくなったみたい

何でこんな簡単な事 あなたは言ってくれないの?

あなたが私のこと大切に思ってくれてるのは良く分かるの

多分私よりずっと気持ちが重い

でもやっぱり 甘い言葉が聞きたい

わかってるわ 私のわがままだって 

それでも聞きたい女心 あなたはずっと分からないでしょうね

いっくら愛されても 女心は満足できないの

いっくら愛してるって言われても 女心は満足できないの

女ってめんどくさい  
 
女ってやっかい

でもそんな女って愛しいでしょう?





プロポーズされた時 最初プロポーズって思わなかったの

だって出会ってから2週間しかたってなかったし

あなたが私のこと そんな風に見てるなんて思わかった

私のどこがよかったの?

歳だって10コ以上離れてたし あなたは大人で 

私にない知識も 落ち着きも そして明るい未来ももってた

それなのに 私ときたら何も知らない 

好奇心だけが旺盛の女の子だった

あなたが嫌いだったわけじゃないの

ただ ただ まだ結婚なんて先の話だと思っていたし

結婚が少し怖かった 

正直言って まだまだ遊びたかった

こんな気持ちをうまく言えるほど大人じゃなくて 

あなたを傷つけてしまった

今あなたの歳になって なぜかあなたを懐かしく思う

今どこにいるのかわからないけど 会って話してみたいと思う

だって あなたは初めて私にプロポーズしてくれた人だから

だって あなたは大切な友達だから





続きを読む »

あいだほぽてと

あの頃



あの頃のこと 覚えてる?

今だから言えるけど 

大好きだったの あなたのこと

本心を隠して いつも天邪鬼な事ばかりしてたね私

ポケットには私の電話番号書いたメモを忍ばせて

手持ちぶたさな振りして いつも触ってたっけ

届かなかった思い 今なら素直に言えるかな



続きを読む »

七夕

七夕の日 夜空を見上げた

曇の隙間から 月光がもれ落ちる

優しい黄金色の光に包まれると 
なんだか懐かしい気持ちなった 


七夕の短冊に願いを書いたのっていくつの時だっけ

七夕の夜 何時間も夜空を眺めながら 
まだ見ぬ未来を夢見たのはいつだったけ

懐かしい思い出

来年は願いを込めて 短冊を笹飾り作ろうかな

いただきます

あなたが言う”いただきます!”が好き

ちょっとアクセントが違うけど 
がんばって言ってくれてるのが分かるもの

私の為に言ってくれてるんでしょう?

私が前にいただきますって
おいしく召し上がれってだけの
意味じゃなくて 作ってくれた人への
感謝の気持ちも込めるのよって言ったから

だから あなたはいつも 言ってくれる

知ってる?私がどんなにうれしいか

国際結婚ってみんな難しいって言うの

習慣が違うし 考え方も違うし

でも うちは大丈夫

だって こんな些細な事でも覚えていて
努力してくれるあなたとなら
これからも一緒に生きていけるわ

いつもありがとう


 



続きを読む »

ピッツア


あいつが大好きなピッツアを作ろうかな

最近ぜんぜん作ってなかったし

あいつがピッツアをハフハフ言いながら食べる姿って
おっきいわんこみたいでとってもかわいいんだもん

とびきりおいしいピッツアを作ろうかな

ハートの形で トマトソースとモッツアレッラ 
仕上げに生ハムとルーコラをのせたやつにしようかな

きっとこんなの見たら 驚くだろうな 

それとも照れ隠しにちょっと怒るかな


愛情いっぱいのピッツアって いつもよりおいしい気がするでしょ?

いつもだって愛情いっぱいで作ってるけど 

特にあなたのことを思いながら 作ったピッツアは特別おいしいの

だって愛情のほかに、思いやりってエッセンスも入ってるんだもん

一人ぼっちの夜は

一人ぼっちの夜はちょっとさみしい
一人ぼっちの夜はちょっと悲しい

だから、そんな時は、
大好きな曲と、とびきりおしゃれなカクテルを片手に
大好きな本を読むのがいい

だから、そんな時は 電気を消して バルコニーに出て
窓からお星様を眺めるのがいい

だから、そんな時はリラックスできる音楽をかけて、電気をキャンドルに変え
ゆっくりバブルバスに入るのがいい

たまには一人の時間も良いよね
ここ10年ぐらい、詩って書いてませんでした。

最近になって、昔のように言葉があふれてくるという感じがあって
それから書きつづけています。 

言葉はあふれてきても、それをもっといい言葉にするのに、ちょっとぎこちなくなったり、 自分の思っていることが何で言葉にならないんだろうと思ったこともあります。 

それでも書くのはやっぱり好きなんですよね,書くのが,そして言葉が。


でもここ最近、ふっと思ったことも言葉にできるようになってきて、自分でも自分のポエムが好きです。

私のポエムを読んでくれた人が、少しでも幸せな気持ちになってくれたらうれしいです。

恋の駆け引き

”あなた恋の駆け引きって苦手でしょ”友人が言った

”恋の駆け引きって必要なのかな?”

”必要でしょ 押したり引いたりが楽しいんじゃない”
そういった彼女の顔はちょっと自慢そうに見えた

そうなのかな 押したり引いたりが楽しいのかな?

私にはこういう彼女がちょっと打算的に見えて いやだった

”いま ちょっといやだって思ったでしょ” 顔をしかめた私に友人は言った

”大人になりなよ 子供じゃないんだから、好き好き=結婚じゃないってわかってるでしょう”

もしかしたらそうなのかもしれない 結婚てお互いの打算の上に成り立っているのかもしれない

でも私はこれほど割り切って考えられない 

いつでも言いたい時に好きって言いたいし

会いたくなったらいつでも会いたい

恋をするって そんな駆け引きなんて忘れちゃうぐらい相手のことを思うことじゃないの

恋をするって そんな駆け引きなんて思い出さないぐらい 甘いものじゃないの 

駆け引きなんていらない

言葉の壁

不条理なことを言われて 黙ってしまったのは
言葉の壁のせいもあるし 性格のせいもある

言いたいことならいっぱいあったの

でも言えなかった 

だって少しでも言い返したら やさしい言い方なんできないのわかっていたし 感情的になってしまうと思ったの 

日本語でだったら 遠まわしに言ったり 相手の反応を見ながら いえるのにね

言葉の壁って大きいや


”全部吐き出しちまえ”って いつもあなたは言う

それができればどんなにいいか

でもできないの

わかってるでしょ 私の性格

これを言ったら彼女はどう思うだろうとか

これを言ってけんかになっちゃったら 会いづらくなっちゃうとか考えちゃうのよ

言えないの 心にため込んじゃうの

だからあなたみたいに 率直にものを言える人ってすごいと思う

”余計なことなんて考えなけりゃあ いいんだ!”っていうけど

でも30年もこんな風に来ちゃったんだもん 

そうそう変えられないよね

むずかしいね 率直になるって




続きを読む »

幸せって

幸せってなんだろう

幸せってお金持ちでかっこいい人と結婚して 専業主婦になること?
昼間っからエステ、趣味の英会話、華道なんかできるって事?

幸せの基準って人それぞれよね

彼と二人で 日曜日の午後にお買い物がてら散歩して感じる幸せもあるの

彼と二人で お料理を作って感じる幸せもある

ちっちゃい幸せだなんて笑わないで

だって幸せって こういう小さい幸せの積み重ねでしょう

こんな小さい事が 幸せなんて 彼と会うまで知らなかった

こんな小さい事が 心を満たしてくれるなんて 彼と会うまで知らなかった

だからとっても大事なの こんな小さな幸せが

ごめんね

ごめんね 大切な日を忘れちゃって

ごめんね あなたの優しい気持ちを壊しちゃって

ほんとうにごめん


女の方がいろいろな記念日を覚えてるって あれは嘘だね

だっていつもあなたの方がいろんな記念日覚えてるもん

初めて出会った日とか 初めてキスした日とか

別に忘れちゃったわけじゃないの

ただ私にとってあなたと一緒にいる時間は

いつでも特別で

いつでも大切で

毎日が記念日みたいなんだもん 

大好き

優しいあなた

何であなたはそんなに優しくいられるの

私がいくらひどい事言ったって したって

笑って許してくれるのはなぜ?

私知ってるよ 自分が意地張りで むちゃくちゃ嫌な事ばかりしてるって

なのに なんで?

あなたは優しすぎる あなたは優しすぎるのよ

私はあなたに優しくしたいのに 素直になりたいのに

なかなかうまくいかないね 私たち足して2で割ったら
ちょうどいいのかもね



私のポエムって

私のポエムってなんかダイレクト。。。。。

詩の形っていっぱいあるけど、複雑なのって
私にはいまいちピンと来ない

たぶん私の頭が単純だから

考えされられるような詩って好きだけど

あまりにも複雑怪奇なのって

その詩自身よりも 書いた人に興味がわいちゃう

もっと素敵な詩 たくさん書きたいな


女の本音

彼の唇がこんなにセクシーだなんて思わなかった

彼の唇というよりも 彼自身がこんなだなんて思わなかった

いつからだろう なんだか彼を意識するようになったのは

最初は病的に色白の 背の高い人ぐらいしか思わなかった 

それがはっと気がつくと なんだか目で追っていた

彼の切れ長の目で見つめられると その強い視線に捕らえられると
逃げられない気がしてうろたえた

めったに笑い声も出さない、物静かな彼なのに、
その存在感はどっからくるんだろう。

ビールを飲みほしたばかりの彼の唇、ぬれて妙にいやらしく感じた

そんな風に思うのはきっと 私が彼に惹かれているから
そうじゃなければ 彼の唇を見ただけで子宮がうずくはずない

子宮がうずくって なんかいやらしい

でも これって女の本音

好きな男の唇や手を見て どんな風に触るか どんな風に口づけるのか 
想像すると 子宮のあたりがキュッとなる

もうちょっと待っててね 

だってこんな風に一人であなたを想像するのって
なんだか素敵だから 

もうちょっとだけ 待っててね 





これは俳優の佐々木○○介さんを思いながら書きました。とっても素敵で大ファンなんです。

不器用な彼女

全然素直じゃなくて、そのくせ寂しがり屋で、
強がってばっかりでかわいくない女 それが彼女

何で好きになったんだろう 彼女を

ほかにいくらでも、かわいくて素直な娘なんていたのに

きっと強がる時の瞳が、前に飼ってた犬を思い出すから

色素の薄そうな茶色の瞳 

素直になれば かわいいのに 

何で素直になれないんだろう

馬鹿だよな

うまくやれば もっと楽にいけるのに

なんでそう不器用なんだよ

そんなんじゃ世間から押しつぶされちゃうよ


俺も馬鹿だよな そんなお前が好きだなんて

そんなお前から目が離せないなんて

無題

いつからだろう、言葉が生まれなくなったのわ。

昔は考えなくても、言葉がひとりでにあふれ出て、
自分の素直な気持ちや、感動をうまく言葉にできたのに。

年を重ねるごとに、大人になるごとに、
そんな気持ちもうすれて、感動なんてなくなった。

大人になるって、そういうことなの?

大人になるって、そういうことなの?

あの頃は大人になるのが楽しみだった、夢も希望もあったのに。

大人になるには、捨てなきゃいけないものがたくさんあるんだね
こんなにつらいとは思わなかった
こんなに落ち込むなんて思わなかった
自分の言葉をうまく伝えられないって事が

愛さえあれば何とかなると思ってた
愛さえあれば、こんなもどかしさすぐに
さよならできるって思ってた

言葉ってむずかしいね 
同じ言葉をしゃべっても本当に聞きたいと
思わなければ伝わらない

言葉ってむずかしいね
お互いを理解しようと思わなければ 伝わらない

伝えたい この気持ちのすべてを
伝えられないもどかしさなんて忘れて

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。